くらた接骨院
btn
btn
head-img head-img-sp

交通事故に遭ってしまったら

どんな人でも交通事故に遭いたくないと思います。

ですが、どんな人にでも交通事故に遭ってしまう可能性はあります。

以前、国土交通省の諮問会議では「一生のうち二人に一人が事故に遭う」との資料が出されたそうです。

自分が気を付けていても事故は突然起こります。

そんな時、不安でいっぱいになっていると思いますが冷静に事故の処理をするとともに、お身体のケガ(症状)を一日も早く改善する事が大切です。

まずは くらた接骨院 にご相談ください。

交通事故後の処理と施術までの流れ

①相手の情報を得る

たとえ軽い事故であっても、後で何が起こるかわかりません。その為、最低でも以下の事は確認しておきましょう。

・相手の車のナンバー、車検証、免許証の確認

・相手の住所、氏名、連絡先、勤務先

・相手の加入している自賠責保険と任意保険の保険会社、保険証明書番号など

相手に口頭で確認するよりは

免許証、名刺、車検証の中身を写真に撮っておくと良いでしょう。

②警察に連絡する

事故に遭ったら程度の大小関係なく、必ず警察に連絡しましょう。

事故の時は警察に連絡する事が道路交通法によって定められています。

なかにはその場で【穏便に】示談しようとする加害者の方もいますが、それは「道路交通法に違反」していますのでちっとも【穏便】ではありません。必ず警察に連絡しましょう。

小さな事故、どこもケガがないからといって警察に届けないと、「交通事故証明書」が発行されないため、病院での診察や車の修理代などをご自身で支払わないといけなくなる可能性もありますので、どんな事故でも必ず警察に連絡をしましょう。

また、この時必ず「人身事故」扱いにする必要があります。

「物損事故」では満足のいく補償が受けられない可能性もありますので、ケガをしていなくても「人身事故」での届け出をしましょう。

③目撃者の確認と証拠の確保

事故の目撃者がいる場合は、目撃者の証言や氏名、連絡先を聞きましょう。

また、後日必要になった際に証人になってくれるよう、確認しておくと良いでしょう。

事故後は誠実な対応をしていた相手でも、後日全然違う証言をする可能性もあるので、そのような場合に証人が必要になってきます。

※最近ではドライブレコーダーが普及していますので、ドライブレコーダーの映像を保存しておくのも良いでしょう。

④事故の記録を撮っておく

事故後は冷静に状況を把握出来ない事があったり、時間が経つと記憶があいまいになってしまいます。

その為、相手と自分の車のキズやブレーキ痕、現場の標識など事故に関係ありそうな物は全てカメラに残しておきましょう。(メモでもいいですが、画像、映像の方が信憑性は高いです)

 

⑤交通事故証明書をもらう

交通事故証明書は自動車保険(任意保険)、自賠責保険(強制保険)において保険金を請求する際に必要となる場合が多い重要な書類です。

また、万が一裁判を起こす事になった際に、警察が作成した実況見分調書などの資料を取り寄せる時にも必要になる事があります。

交通事故証明書は任意保険に加入していれば保険会社が取り付けてくれますので、ご自身で申請する必要がありません。

ご自身で申請する際は最寄りの自動車安全運転センター(基本的には運転免許センター内にあります)で発行してもらいます。

あらかじめ、発行には何が必要かを確認をしてから行かれることをオススメします。

※申請には期限がありますのでご注意ください。

⑥必ず医療機関での診察を受ける(診断書をもらう)

事故後、自覚症状が出なかったり、軽いケガだからといっても後から痛みなどの症状が出る場合もありますので、事故に遭ったらまずは医療機関での診察を受ける事が大切です。

少しでも痛みなどの症状があれば、必ず診てもらうようにしましょう。事故から日数が経つと、事故との因果関係を認めてもらえない場合もあります。

初めに くらた接骨院 に来られた場合は、近隣の整形外科にご紹介いたしますので、そこで診断を受け、診断書を発行してもらいましょう。

また、当初「物損事故」扱いとなっていた場合でも医師に診断書を発行してもらい、警察へ提出すれば「人身事故」扱いとなります。

⑦通院 ~ 完治・症状固定

完治、または症状固定の状態となるまで病院や当院へ通院し、元気な身体を取り戻しましょう。

これ以上症状の改善がみられない場合は「症状固定」となり「後遺障害」の申請などが出来るようになります。

※後遺障害の認定は非常にハードルが高い為、誰でも認定されるわけではありません

⑧保険会社から示談金の提示

通院が終了すると、保険会社から示談金の提示があります。

保険会社からは低く提示される事もありますので、すぐに応じない方がいいでしょう。

くらた接骨院 では交通事故に強い弁護士事務所と提携していますので、弁護士の先生に提示金額が妥当かどうかを判断してもらいましょう。(無料で相談できます)

金額に納得できれば示談成立で、書類が揃ってから約1ヶ月程で振り込まれます。

※転院について

病院への通院で改善が見られない場合や、時間的に通院出来ない場合は接骨院への転院も可能です。

病院でレントゲンなどによる検査を行い、接骨院で症状の回復を図る方法がベストな方法です。

実際に病院から くらた接骨院 への転院をされた方もいらっしゃいます。

病院に言いにくい…そんな風に思われる方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。患者様の負担にならない方法で転院のサポートをさせていただきます。

このまま病院で電気治療だけで大丈夫かな…、湿布や痛み止めをくれるだけで何もしてくれない…、そんな不安があるようでしたら一度 くらた接骨院 にご相談ください。

全力であなたの力になります。

無料相談も実施していますので、お気軽にご連絡ください。

交通事故後のケガや痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください

お電話のご予約・お問い合わせ 
059-256-5880
≪受付時間≫
平日9時~12時/16時~19時半
土曜9時~13時
日・祝 休み

ページトップに戻る